上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、

神奈川から中学生が来町しました。

お隣、登米市でグリーン・ツーリズムや民泊体験をすることが目的です。


校長先生が

「震災の様子を、未来を担う子どもたちに見せたい」

との事で、南三陸にも足を延ばしました。

バスから降りた生徒たちはガイドの案内で、被害の様子を見ました。



陸に横たわっている船に驚く生徒。

テレビと実際に見るのが全然違うと言っている生徒。

涙を流す生徒。


被災地の状況を見て、感じ方ははそれぞれだと思います。

将来を担う、子どもたちが、何か1つでも持ち帰ってくれればと思います。

gaidokanagawa

校長先生から

「東北にいる親戚やいとこを亡くした生徒も多い」

と聞かされ、津波の被害がないのに、大切なものを失くす悲しみ、

直接の被害と同じくらい大きいのではと感じさせられました。


また、

「毎年継続してこの地を訪れ、復興の様子を見届けたい!」

とのありがたいお言葉。本当に励みになります。

もともとグリーン・ツーリズムが盛んだった我が町。

また多くの子どもたちが来る日を目指して、前に進んでいます!


登米市での活動も有意義なものになりますように。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。