上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小雨がぱらつき、風も強く、

肌寒い一日です。外の温度計はお昼前なのに12度を示しています。


今日は、

漁業関係者と話をする機会がありました。

tokuragareki

戸倉地区の波伝谷(はでんや)漁港は、

地区のガレキの集積場所になっています。

サッカーの試合ができるくらいの敷地いっぱいに

ガレキが山積みに置かれています。

ukitama

養殖用のブイ、この辺りではウキ、タマなどと呼んでいます。

陸に打ち上げられたものがこんなにたくさん、集められています。

再開する養殖施設に使用されますが、数はまだまだ足りないようです。

funeyuutikmgi

被害を免れた、もしくは被害が少なかった船です。

修理中の状態ですが、

夏に見た時と比べ、半分くらいになっています。

町内の修理場に運ばれたり、

修理を終え、海に出ている船も多いようです。



戸倉地区では

夏に宮城県石巻市から牡蠣の稚貝を仕入れ、

試験的に養殖を再開しました。


今日、話を聞いたら

驚くほどの早さで成長しているとのことです!

以前は湾内いっぱいに養殖施設がありました。

ありすぎることが養殖物の成長を妨げてきました。

風通しならぬ、潮通しが悪く、

カキの成長に必要なプランクトンが十分に行き渡っていませんでした。

海水温が高くなる夏場は酸欠状態になっていたようです。


今回のカキの成長の早さには、

ベテラン漁師さんでも大変驚いているとのことです。


これからは養殖棚の間隔を大きくし、

本来のカキの成長に見合った数の施設にしていくようです。

震災を契機に養殖の在り方についても仕切り直す。

これが最後のチャンスなのかもしれません。



また、

加工場や作業小屋の多くが流失しています。

今までは屋外でしていた作業が、寒くなり、大変になってきました。

漁師さん方から、雨風を防ぐテント類があれば助かるとの声が多く聞かれます。

寄贈していただける方がいれば助かります。

いくらあっても困らないようです。

よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。