Category : 未来へ残したい風景
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GWも明日で最終日ですね。

私は一足早く、仕事をスタートさせています。

皆さんは有意義な連休を過ごしたでしょうか。



さて、

南三陸のGWと言えば


震災前は、


なんと言っても


潮騒まつりです!


潮騒(しおさい)とは潮が満ちてくる時に波が騒ぎ立つ音の事だそうです。

(今日はじめて知りました...)



町内神割崎キャンプ場周辺で

毎年5月3・4・5日に行われ、

(おかげでスタッフは連休がとれません...)

南三陸、そしてお隣の石巻市北上町のさまざまな業者さんが

新鮮な海の幸、山の幸を販売、

県内外から多くの多くのお客さんが訪れていました。


春の陽気と海風が大変心地よい、

ゆったりとした時間を過ごすことができました。




会場に続く、

戸倉地区の国道398号は

渋滞で、車が全く動けなくなりました。

(本当です!)



残念ながら

去年に続き、今年も開催することはできませんでした。

ステージ会場や駐車場に使っていた場所に

地区の仮設住宅が建っており、会場の確保が出来なかったことが

大きな理由です。





新年度に入り、多くの問い合わせをいただき、

中にはこの連休中に直接来た方もいたそうです。



この潮騒まつりは22年度で17回を数えていました。


地域に定着している祭りやイベントを継続することは、

町を離れてしまった人がこの日だけでも帰ってくるきっかけになります。

そして、毎年この町に来てくれていた人を迎えることもできます。

それも、復興には大事な要素だと思います。


課題をクリアして、いつかまた復活できればと思います。



という事で

震災前の様子を少しだけどうぞ!




siosiossjskj


siosiossios


siosisokusosisk


siosioko


siosio5968


siosiossiosiosa


sioskejbv


sioskejwasasa


siiskoois


siosioktou9






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ




スポンサーサイト
今日は年度末ですね。


今日で高速の無料化も終了、

仙台へも高速を利用していく機会が多く、

個人としては負担が増してしまいます。



さて、

震災前、

4月になると人工ふ化させたサケの放流がはじまります。

(これは2010年4月の写真です。)

sake2

体長5cmくらいに成長したサケの稚魚(子ども)。

sake3

組合のみなさんで施設から川に移動します。

sake1

陸からホースを垂らし、一気に川に放します。

子どもたちが川に放流する映像をテレビなどで

よく見ますが、普段はこんな感じでやっているんですね。

sakee89


放流したサケは4年の歳月をかけて、

この川に戻ってきます。

放流した数の約4%のサケが、4年後のほぼ同じ日に戻ってくるので

いつ、どのくらい戻ってくるのか予想できるのです。



今年も設備等が不十分の中、なんとかふ化事業を行っています。

この町の将来のため、

今春も稚魚を放流する風景が見られるはずです。





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ


南三陸の新年恒例行事といえば、

消防隊員等による出初式です。

今年は残念ながら実施できませんでしたので、

昨年1月4日の式の様子です。

desokofr

消防署員、警察署員、町内の消防団員が海岸公園に集結。

dezooooos

消防署員、消防団による梯子乗り。

desozoo

一年の安全安心の願いを演技に込めます。

konokuruma

各地区のポンプ車も集結。

desoososodk

圧巻の放水演習。

desozome

最後は梯子の上から餅まきをして終了。

顔見知りの方も多く来るので、ここで新年の挨拶も。


海からの冷たい冷たい風を受けながら、身を引き締め、

1年のスタートをきります。


人気ブログランキングへ

今日も雪が降ったり、やんだり。

今週末はさらに冷え込むようです。

南三陸にお越しの際は道路の凍結に十分お気をつけください。



町内入谷(いりや)地区にある、ひころの里

hikorokyuokyou

松笠屋敷という建物は江戸時代後期のもので、

地方武士の代表的な居宅と言われています。


ここに来ると、四季折々の風景を見ることができます。

hikoroharurur

hikororonatutu

hikororoaki

hikorororfuyuuy

すべて去年の写真ですが、

山手の地区だったので津波の被害を免れています。

これからもこの美しい風景を見ることができます。


hokororoirori

建物の中はこんな感じです。

敷地内には養蚕の歴史が学べるシルク館や

食事ができる農漁家レストランばっかり茶屋もあります。


人気ブログランキングへ

ひころの里
朝晩はだいぶ冷えます。

朝起きはつらい時期になってきました。

昼は寒さも和らぎました。


冬はカキ、アワビ、ワカメ、タラなど

南三陸の海産物が一番美味しい季節です。


昨年度、タラが水揚げされた時期の写真です。

ichibbababa

ichibabfr

ichibakouty

ichiabfkor

今年の冬も、

この活気が戻ってくるはずです!


人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。