Category : つぶやき
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月も福興市が無事終了。

天気が微妙だったこともあったのか、

いつもより

すこーしお客さんの数が少なかったようです。



私は福興市とは別の会場の

仮設商店街のほうで、

地域ガイドさんと「語り部教室」に参加。

こちらは120名のお客さんに聞いていただきました。


また、

東京からの大学生25名がボランティアで

呼び込み、商店の案内、各店舗のお手伝いに参加してくれました。

お店の方々、特に飲食店の方は大変助かったようです。

本当にありがとうございます。



商店街の方も

いつもの日曜日より

お客さんの入りは少なかったようです。

別会場の福興市とで分かれてしまったのかもしれません。



震災から1年が経過し、

これからは

被災地のイベントでの集客が難しくなってきそうです。

継続していくことの意義をみんなで再確認し、

地域の目指すべき方向をしっかり定め、

実施していかなければなりません。


そして、

これまで以上に情報発信していく必要があります。



夕方は春からツアーを実施する旅行会社さんとの打ち合わせ。

休みを利用して、はるばる大阪から来ていただきました。


夜は愛媛からの議員さん向けに講話。

語り部ガイドさんの話を真剣に聞いていただきました。




土曜のお客様からはじまり

大変忙しかったこの週末、

ただ、

すべての出会いが大変素晴らしかった!

正直なかなかこんな事はありません。


この地に来ていただいた皆さんに感謝です。





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ



スポンサーサイト
明日は震災から1年ですね。

町でも追悼式が行われます。


あの日から1年、

個人的にはあっという間に過ぎた時間。

復興の一分野に関わってきて

こんなペースであとどの位やれば、

復興と言えるのか、

終了なのか、

先を見据えると明るい希望だけでは決してありません。



「震災」「被災地」「復興」「絆」

そんな言葉とはもう無縁の土地で生活できたらどんなに楽か、

そんな感情も抱えながら走ってきた1年です。



あの日からの記憶がだんだん薄れていく中で、

この1年を記録しておく必要があるのですが、

なかなか書けないものです。


また別の機会に書きたいと思います。



明日はテレビでもほとんどが震災関連のニュースです。

自分の家で

「別の番組はないのか」

と家族と言える自分は本当に恵まれています。

住む場所があって、家族がいる。

それ以上はそんなに望まなくてもいいことを学びました。

そんな当たり前の日常を失った人がたくさんいます。


感情があの日に戻ったり、立ち止まったり、

それでも一歩ずつ前に進んだり、

それぞれが歩んできた一年です。


3月、早くも1週間が終了...


早すぎます。


今日は気温も上がりました。

季節が少しずつ、動き始めています。



町内にある高校でも1日に卒業式があり、

テレビでその様子を見ました。


ある卒業生がインタビューされ、

「大学で町づくりを学び、ふるさとを復活させたい」

と、卒業後の目標を語っていました。



その高校生の言葉ににちょっと感動、鳥肌が立ちました。

自分が高校生の時にはほとんどなかった郷土愛、

今回の震災は若い世代が地元に対する思いを考える機会になったと思います。



今の10代、20代の世代が、

ふるさとの再生に力を発揮し、活躍する。

そんな明るい将来が来てほしいし、

そのために、上の世代が、正しい道筋を示していく必要があります。



高校卒業後、

一旦町を離れる人が多いと思いますが、

またこの町に帰ってきてほしいです。



今年も一年がはじまりました。

私は今日から仕事始めです。



お正月はいかがお過ごしだったでしょうか。

私の年末年始はまったり、ゆっくり過ごしました。

今年はいつも以上に正月らしさを感じませんでした。

年賀状の少なさと年始の挨拶に来るお客さんの少なさが

正月らしさを無くしていたのかと思います。

しかし、自宅で家族とまったり過ごせる状況にあることに感謝感謝です。




年末年始、テレビ・新聞で震災関連や被災地のニュースがこれでもかと流れ、

まだまだ心機一転どころではない方々が多くいることを改めて見せられ、

「気持ちを新たに」という気分にはなれませんでした。

やはり被災地にとっては3月11日が1つの区切りになる気がします。



「生きる」ために精一杯駆け抜けてきた去年。

そして、最低限の生活の基盤を得て、将来に向けて一歩を踏み出す今年。

将来の事を考えると本当の意味で大変な一年になりそうです。


真実かどうかはわかりませんが、

都会の方では震災は過去のニュースになっているとも聞きます。

時間の経過とともに薄れていくことは仕方のないことです。

しかし、被災地への応援はまだまだ必要です。



私たちにできることは震災を風化させない事。

そして、復興への歩みを見てもらう事。

復興した南三陸に来てもらう事です。


そんな思いで様々なことに取り組んでいきたいと思います。

皆さんどうぞよろしくお願いいたします!


人気ブログランキングへ

先日のおすばで祭り。

たくさんのお客様で賑わいました。

地元の方も多く見かけました。


さて、

いよいよ今年も残すところあと1日。

今年は震災にはじまり、震災で終わった1年でした。

今日は天気もよく、穏やかな年越しになりそうです。

震災により多くのものを失いましたが、得たこともあります。

毎日帰る家があり、家族がいる。

電気、水道は好きなだけ使える。

普段当たり前にあるものを失い、

その当たり前の日常がいかに大切だったかを思い知らされました。

元の生活を取り戻しても、その大切さを忘れてはいけません。

そしてこの震災がなかったら絶対に会えなかった方々、

できなかった事がたくさんあります。

自分自身が成長する機会にもなりました。


町の復興にはまだまだ時間が必要です。

今日はゆっくり休んで、

また来年も頑張っていきましょう。

これからも南三陸をよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。